So-net無料ブログ作成

「今年度No.1」と「今世紀最高」?! [ひつま...ひまつぶし]

ようやく今頃になって「君の名は。」を見に行きました。 夏ごろ話題になってたので、『冬休みまでやってたら、行こうか?』と言っていたのが、今年No.1どころか邦画歴代2位の快進撃でロングランを続け、本当に見に行くことになりました。 で、感想は、”確かに面白いけど、面白いけど、本来、こんなに大勢の人が見に来るようなカテゴリーの作品だろうか?”です。

どちらかというと、カップル向け or SFファン or 新海監督固有ファン or 鉄道ファン向けといった、見に来る層が限定されているような作品だと思うんだけど、どうしてこんなに多くの人を集めるのでしょうか?  一説によると、SNSやネットの口コミで若い人中心にリピーターを増やしんているんだとか... 

そういえば、「シンゴジラ」も本来の怪獣ものというより、危機管理に対する教訓があると評判になって、ビジネス・マネジメント層の取り込みに成功したとかの話もあります。 あのトヨタさんでは、役員は全員視聴せよとの号令が出たとかいう都市伝説みたいな話が、こちらのほうにも伝わってきています。 大変ですね。 今や、ネットの口コミ力というのは非常に大きなトレンド創造力を担っているのですね。

さて、「君の名は。」が今年No.1であることは疑いはありませんが、ひょっとすると”今世紀最高じゃね?”という作品が、人知れず、しかし、じわりじわりと来ていると、これも口コミ効果で評判になっています。 こうの史代さん原作の「この世界の片隅に」です。 とにかく業界人・映画館の人の応援が半端じゃない。 あの、「そこまで言って委員会NP」でも紹介されていました。 論客が作品について語ることはなかったのですが、番組スタッフのさりげない応援が感じられる紹介でした。 なぜかはわかりませんが、この作品は多くの人に共感を与え、”なんとか応援しなくてはいけない”という使命感を生むようです。 実は私もそう思う一人で、初めて同じ映画を2回見に行きました。

これまで、こうのさんの「夕凪の街 桜の国」には大変な(漫画にこんな表現ができるんだという)感銘を受けていましたし、この漫画のことも聞いていました。 クラウドファンディングの話も知ってはいたのですが、なぜか原作本を手に取ることはありませんでした。 で、映画が完成したよ、小規模上映だから何時までやるか分からないよということで、あわてて最寄りの大型劇場に見に行きました。 まあ、その日は眠れませんでした。 いろいろ考えて。(君の名は。は普通に眠れたが…)

こりゃ、「君の名は。」を見に行くついでに、もう一回家族と一緒に2本立てで見に行こうと思ったのですが、「めんどくさい」(”君の名は。”は見に来た)、「家事が忙しい」という理由で、あえなく一人で行くことに。 ということで、冬休み入り早々、かねてから計画していた浜松巡りに合わせて見に行くことにしました。 (都合よく、浜松のミニシアターで上映が始まっていたのでした。)

105.jpg

訪れたのが、浜松のミニシアター“シネマ・イーラ”さん。 ちょうど12月24日から1月中旬まで上映されています。 初回が大型館だったので、2回目は小さめの劇場がいいかなと思ったのですが、確かにいい! 宣伝1本だけで本編が始まるから。 

原作のこうのさんのすごいところは、あえて多くを語らずに読者に考えさせること。 片渕監督の演出もその辺をしっかり理解されていて、半端なく詳細な検討と造りこみをされているのに、あえて多くを語らない。 でも、この作中の時代背景の知識があればあるだけ、勉強すれば勉強するだけ新たな発見があって、またいろいろと考えさせられる。 で、また夜眠れなくなる。 本当はクリエーターを目指しているという子供に、こういう作品作りを見てほしかったんだけどな。

のんこと、能年玲奈さんの声優ぶりもスゴイ。 完全にすずさんと一体化。 実は1回め見たときは、最初少し戸惑ったんですが、それはのんさんの喋りとすずさんの口パクに感じるかすかな違和感。 タイミングは完ぺきに合ってるのに、声のイメージもピッタリなのに感じる不安。 あ、のんさんの天然のしゃべりにアニメの口パク表現が追い付いてないんだ。 でも、それもすぐに慣れて脳内で補正がかかって完全シンクロ。 日本人は子供のころから漫画・アニメ見てるので、そういう想像力はすごいんだなということをあらためて実感。 すずさんが劇中で数回怒るシーンの演技は鳥肌モノです。 そのうちの一つは、私のこれまでの戦争観のなかの疑問を解いてくれました。 本当に目から鱗が落ちました。 ありがとう。

さて、私が見た日の上映時間が11時50分から14時までだったため、今回の浜松巡りの本来の目的の一つが達成できませんでした。

106.jpg

シネマ・イーラの近くにあるトンカツの名店。 最近、店主の腕が落ちたとネットで繰り返し叩かれているので、ぜひ自分の目と舌で確かめようと思ったんですが、映画が終わって走って行ったけど昼の営業終了でした。 でも、おやじさんが元気そうだったんで、きっと悪意のある書き込みだと信じたい。 次回、また来ます。 浜松、意外と近いということを今回確認したんで。 

107.jpg

で、次に行ったのがこちらのカレー屋さん。 午前中、前を何回か通ったんだけど、非常に味のある店構えで気になっていたんだ。 店名はブータンだけど、カレーの盛り付けは金沢カレー風。 味はイトリキカレーの系統でした。 カレー食べていると、映画館に一人で見に来ていた女の方が入店されていました。 映画が終わった直後は、やはり何やら必死で考え込んでおられるようでしたが… カレーは喉を通ったでしょうか?(私は2回目なので免疫があったので…)

108.jpg 

浜松、いいところだなぁ。 富士山もきれいだったし。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る