So-net無料ブログ作成
検索選択
メディアの不思議 ブログトップ

演出上の小さな嘘が”歴史改変”に! 「LEADERS Ⅱ」 [メディアの不思議]

 TBS系の「LEADERS Ⅱ」を見ました。 アニメイト豊田店に行った子供が、「なんか豊田市、”LEADERS”に占領されてるよ」って言ってたくらいに、豊田市というかトヨタ系の会社がある愛知県内の主要都市に”LEADERS”のポスターがベタベタ貼ってあるようです。 

 熱すぎる演出はともかく、いやぁ、冒頭見てぶっ飛んだ。 主人公の愛知佐一郎が死ぬ場面で、”佐一郎が死んだのは昭和27年”って、いけしゃあしゃあと言ってるんだもん。 たしかパート1では朝鮮動乱の始まる2か月前に死んだって言ってたよね? 朝鮮動乱、昭和25年じゃん! ”Ⅱ”でいきなり、モデルになった豊田喜一郎の没年に合わせてきたの? なんかヤマトの劇場版「愛の戦死、じゃない 戦士たち」からTV版「ヤマト3」につなげたくらいのご都合主義的な設定改変かと思ってたら... 番組最後で没年は27年のままで、その後朝鮮戦争が始まったって言ってるよ。 金正恩、怒っちゃうよ。 歴史改変じゃん。 韓国の人、また怒っちゃうよ。

 ”Ⅰ”のほうで朝鮮戦争前に死んだことになってるのは、原作となった小説「日銀管理」がそうなってるから、まあ、仕方ないんだけど。 じゃあ、”Ⅱ”もそのままやれよ! ドラマの演出のために歴史変えちゃダメでしょっ!! 


nice!(1)  コメント(0) 

”ZIP!”の「この世界の片隅に」スルーが露骨な件 [メディアの不思議]

日テレの朝の情報番組 ”ZIP!”。 火曜日は映画ランキングを紹介するんだけども、今回も「この世界の片隅に」は見事にスルー。 キネ旬1位発表直後の週、上映館も200に迫りランキングも2つアップと、話題には事欠かないはずなんだけども... その代り”チューモク”として紹介されたのが、アイドルものに大手配信の話題作、それと、(これはほんとにすごいんだけども)上映21週目で再び2位にランクアップした「君の名は。」。 

「君の名は。」は、ランキングの後の”SHOWBIZ TODAY”でも、「日本アカデミーショーで『君の名は。』が快挙達成!」と繰り返し報じられていた。 単純にノミネート数なら「悪意」のほうが上だし、「この世界...」もノミネートされてるんだけど、この力の入れようの差は何? やはり日テレ的には、この後のTV地上波放映権獲得とか、あるいは、キネ旬まさかの選外で「うちらが応援せんでどうする!!」と、妙に力が入ったか? いずれにせよ、大人の事情が働いているのでしょうね。

ここでお話ししたいのは、どっちの作品が上?とか言ってるのではなく、我々が毎日見ている”情報”番組のこと。 ”ZIP!”は昨年、フジの”めざまし”を押さえて初の視聴率トップに輝いた、たいへん大きなコンテンツになりました。 多くの大スポンサーの期待とお金を抱えて、大変なことになっているのでしょうね。 「これから流行るものを紹介!」ってのは、大手代理店が流行らせたいものを紹介してるってことか。 そういえば、”ZIP!”で紹介されたコミックや映画は、すぐにツタヤにコーナー出来るし。 マツコがうまいといったコンビニ商品が、翌日に(あらかじめ大量に準備していたとしか思えない)POPと一緒に売り出されてるのと一緒か。 金曜なんか、電通の人が直接世論誘導してるもんね。 でも、両方とも好きで見てるのも事実...

「この世界の片隅に」を見た若い人の、ありがちで、逆の意味で考えさせられるコメントに 「戦争中の人も、僕たちと変わらない人なんだ」っていうのがあるけど、本当に、大きな声に踊らされる我々って、昔からちっとも変わってないのかも。

122.jpg

ユリイカの”こうの史代特集号”。 面白いです。 こうの先生自身が、『女の子が血を吐いて死ぬ漫画が好きな人には...』云々とおっしゃるくだりは、震えが来るほどです。 原作漫画も、何回読み返しても新しい発見があります。(最近の自分のツボは、”広島海苔は、「君の名は。」の組紐や口噛み酒に勝るとも劣らない絆アイテム!”) 

この人は、漫画を常に再”発明”しながら描いていらっしゃる。  

◎追記◎

2月6日(月)、キネマ旬報の表彰式を伝えるコーナーでついに作品紹介+のんを取り上げた。 やれば出来る? それとも長いものに巻かれろという、方針転換? (日テレのほかの情報番組では取り上げていたもんな) 日テレが味方に付くと他の局にも影響があるし…  がんばれ、能年ちゃん!

※※

日本アカデミー賞は完全スルーだったね!


nice!(0)  コメント(0) 

HONDAのなんちゃらCM [メディアの不思議]

CMついでに、HONDAのなんちゃらいうCM。 メインにまさかの高田純次起用。 日本一のテキトー男の登場で、案の定、肝心の商品を”フィットなんちゃら”呼ばわりするは、シートの収納は3ステップと言いながら”あれ、4ステップ?”。

 http://www.honda.co.jp/movie/tvcm/

 (なんちゃらいうCMはありません)

今まで自動車会社のCMはくだけたイメージものはあったものの、基本は正確な情報を心がけていました。 今回のCMはその常識を根底から覆すもので、正確な情報を知りたければお店に来てねという作戦です。 おそらく、日本のCM史上の記念碑的なCMとして後世にまで語り継がれることでしょう。(そんなことはないか…)

でも、確かにショーン・レノンに「ちょうどいい!」と断言されると少しむかつくけど、高田さんなら気にならないし、上のCM集にもある「負けるもんか編」 よりも現実感がある。

HONDAさん、着眼がいい!+太っ腹だね。 一部の視聴者からは苦情の電話がじゃんじゃんかかっているとは思いますが、負けずに信念を貫いてください。 


nice!(0)  コメント(0) 

トヨタのReBORNのCM ”工場編” [メディアの不思議]

トヨタの企業CM、「ReBORN 秀吉と信長」シリーズの最新作 ”工場編”がオンエアされ始めました。 キムタクの交通違反を受け、最近見かけないな、自粛かな?と心配していた矢先の新作です。

 http://www.reborn-toyota.jp/?adid=ag081_from.tid_pickup111219&padid=ag081_from.tid_pickup111219&ptopid=rec

東北のアルミ製品の工場を秀吉・信長に紹介する清史郎正宗。 その技術力のすごさを熱心に説明する正宗に対し、武秀吉がぼそっと、「あんまりすごいことやってる工場には見えないけどな」。 各人のキャラクターがよく出ている作品です。 キムタクのセリフが少ないのも◎。

短絡的な視聴者からは武のセリフが工場の人に失礼だ!ってな苦情が出るかもしれませんが、この「すごいことやってるように見えない」というのは最高の褒め言葉ですよ。 難しいことを難なくやっているように見えるほど、いろいろな知恵と工夫が込められているということ。 こちらの工場関係者には伝わってると思います。

それにしても清史郎君の演技もスゴイ。 もはや子役ではなく、立派な少年俳優です。 今もてはやされている若い子役たちとは較べようがない。 (キムタクよりも上) 

がんばれ清史郎! 今の大河ドラマを救えるのは君しかいない!! 


nice!(1)  コメント(0) 

まるで放送事故? TOYOTA Presents FIFAクラブワールドカップ [メディアの不思議]

日テレが毎日毎日、メッシだ、バルセロナだ、クラブ世界一決定戦だのとはやし立てる、TOYOTA Presents FIFAクラブワールドカップ2011。 客入ってねぇっーー!! まるでトルコGP。

中継スタッフが、なるべくガラガラのスタンドを映さないように苦労しているのが気の毒なのも、最近のF1に通じるものがありますね。 これって、やっぱりチュニジア対カタールという馴染みのない対戦国のため? それとも、Presented by TOYOTAで豊田スタジアム開催のため? 夜の柏戦には客が入るのでしょうか? でも、その柏の出た開幕戦もガラガラだったし。

やっぱり、バルセロナとサントスが出てくる準決勝以降じゃないと客は来ないのかな? モータースポーツと一緒で、結局、日本のお客さんはブランドものじゃないとダメ? このままじゃ、「もう日本開催なしネ、永久に」ってFIFAに言われちゃうね。 

元々、南米VS欧州のクラブ王者の決戦を中立の第3国で一発勝負でやるてのがトヨタカップのコンセプトだったんだけど、このままじゃ、クラブ王者の世界一決定戦を、金を出してくれて (南米と欧州から見て)テレビ中継の時差の少ない中東でやりましょうか…てことになりそうですね。


nice!(1)  コメント(0) 

落ちた偶像 [メディアの不思議]

野球のオリンピック日本代表チーム前監督の星野さんが、ようやくWBC監督就任辞退を表明されました。 いかにも彼らしく、散々観測気球を打ち上げて、世論の動向を注意深く観察した挙句の遅い決断でした。 まあ、これだけバッシングの嵐が吹き荒れている中では当然過ぎる結果です。

”燃える男”、”闘将”、”理想の上司”と世間一般には持ち上げられてきた彼ですが、私はもともと巨人ファンなので、長年にわたって彼が世間に受け入れられていく(というか取り入っていく)様子を苦々しく見ていました。 いつかこの男のメッキが剥がれる日が来るのかしらと思ってたら、意外とあっさりやってきましたね。 それにしてもネットをはじめ、野球関係者からのバッシングがすごいね。 

野村さんや広岡さん、そして、いつも巨人の悪口ばっかり書いているアサヒの西村某までが公然と批判を展開してます。 最初からこうなることはわかっていたと。 そういうのはやる前に言ってくれ。 もっとも西村某の批判は星野本人よりも、バックにいるナベツネ批判が究極の目的のようですので、結局、巨人(=アサヒの商売敵)批判がしたいだけなのね。 でも、一回の失敗で(つーても大きすぎる失敗でしたが)、こうもすぐにバッシングが起きるということは、結構アンチがいたんですね。

彼は本来、ON(ONが何かしらない人もいるんだろうな)や巨人といった、自分よりはるかに巨大な相手に根拠のない闘志をぶつけることで(そういうポーズをとることで)世間に認知されてきた人間。 それがいつの間にか、自分自身が権威そのものになったことで、一般市民のバッシング対象になってしまったんですね。 そして致命傷だったのが、一般の日本人にとっての富・権力・権威の象徴たるナベツネさんの後ろ盾を得てしまったこと。 自分としては”コレで俺も安泰だ”と思ったんでしょうが、それが終わりの始まりだったのですね。 

それにしても日本人の富と権力に対するこの不寛容さはどうでしょうか。 ヤンキースがやってることは許せるのに、巨人のやることは許せない。 以前、FA資格取得条件緩和だったか、FAで巨人が大物選手を獲得したときだったかのニュースでインタビューに答えていた、プロ野球ファンとか言う人の発言が忘れられません。 

「民主主義なんだから、自分のとこばっかりが良くなるようなことばっかりやらないで、もっとみんなが平等に良くなるようにしたらいい...」  それ、民主主義となんか関係ある? あなたの言ってることは、

”もともとの資源・資産や並外れた能力があったり、営業努力をたくさんしてそれ相応の利益を得たものは、もともとの蓄えも特別な能力もなくて、さりとて特別な営業努力をしなかった人に、(結果)平等となるようにその富を分け与えなさい。” 

ていうことじゃないのか? これが戦後”民主”教育の成果なのかぁーと、その時はTVに突っ込みを入れました。 たとえばF1で考えてみて、フェラーリやマクラーレンのクルマは速いから、その技術を下位のチームに教えてあげなさい、有望なドライバーは、選手権下位のチームから交渉できます、とかね。 そんなF1見たい? (あれ、何の話題だったっけ?)

庶民の嫌いなもの...  昔 ”江川 ピーマン 北の湖”、 今 ”星野 ピーマン 朝青龍”。


nice!(0)  コメント(0) 

新聞はどうしてサマータイムをいやがるの? [メディアの不思議]

最近、サマータイム(デイライト・セービング)制に関する議論が盛んだ。 議論だけして、結局は現状維持というのがここ数年の常だが、今回は議員連も動いて少しだけポジティブらしい。 サマータイム制の話になると必ず反対論者が持ち出すのが、1)戦後すぐにGHQの指導で導入された時の失敗、 2)サービス残業の増加、 そして最近言われるのが 3)睡眠障害による医療費高騰 だ。

1)は環境整備もせずに拙速に行われた半世紀以上も前の事例を持ち出すな! 2)はありかも、でもそれはサマータイムのせいじゃないよ。 3)は確かに1週間程度は寝不足気味になります。 1時間の時差が実は一番きつい。 でも、それが理由でバタバタ人が死んでいるわけでもない。 それに医療費はもっともっともっと先に手をつけるべき所があるでしょ。 

たしかに、デイライト・セービングは欧州や北米など、冬と夏の日照時間差が激しいところでより有効かもしれません。 でも日本だって、もう午前5時前から明るいじゃん。 なんとかしなくちゃ。 いいぞ、サマータイム。

さて、サマータイム導入に反対するのは何も戦中派や、労働関係の人達だけではありません。 世論をリードするはずの大手新聞も、実はよく読めばサマータイム否定に世論を誘導しているのがわかります。 中立な立場の記事を装って不安をあおったり、一般読者の声に乗じて否定したり(否定論者の意見を多く載せている)。 特に朝日(つーか、ワシ最近朝日しか近くに新聞ないから)。

でもなんで新聞はサマータイムに反対するのかな? 無給労働時間が増えることを社会の正義として告発しているの? それとも新聞販売店の経営に何か、私の想像のできない不具合が生じるから?? 新聞だけが不利益をこうむるんじゃないんだよ、みんなが一斉に時計の針を進めて戻すの。 何が不満なのしんぶんやさん? サマータイムと再販価格制度の改訂は絶対にダメダメダメ!!!! なんだよね。 

おかしいね、しんちゃん[るんるん]

でも、日本へのデノミの導入は天地がひっくり返っても俺が許さん!!


nice!(0)  コメント(0) 
メディアの不思議 ブログトップ
メッセージを送る