So-net無料ブログ作成
大人のヒ・ミ・ツ ブログトップ

トヨタ役員逮捕を陰謀論的に考える [大人のヒ・ミ・ツ]

麻薬成分を含む錠剤を密輸したとして逮捕されたトヨタの元役員、ジュリー・ハンプ氏が起訴猶予となりました。 あれだけ世間を騒がせといて、結局、トヨタの評判とハンプ氏のキャリアに傷をつけただけの結末になりました。 何だったの?あの騒動。

世間的には、外部から役員を登用する際は身辺調査をしっかりせねばならないねとか、日米の薬物規制への認識の違いが浮き彫りになったねとかありますが、ここは「トヨタの品質問題」を陰謀論的に1年も前から予言していたこのブログ、やっぱり陰謀論的に論じねばなりません。

今回のハンプ氏の逮捕はトヨタ株主総会の翌日という、そのあまりのタイミングの良さに早くから陰謀論者たちの格好のターゲットとなりました。 いくらなんでも、自分宛てにあんなずさんな送り方はしないだろうと。 これは、トヨタへの警告ではないかと。

少し時計の針を巻き戻すと... 当ブログでは既に2009年9月23日付けの記事にて、トヨタが国際金融マフィアの(オーストリア系ユダヤ人の)資金源であるF1改革に手を貸したために報復を受けるだろうと予言していました。 その報復方法はアメリカの消費者団体による「品質問題」だと。

 http://chimrin.blog.so-net.ne.jp/2009-09-23

実は、この「品質問題」、まだ解決してないのです。 トヨタの中枢部には今でも当局から派遣された”監査人”が、品質改革が進んでいるか目を光らせているのです。 そして、彼が「新事実」を発見すれば、いつでもこの問題を蒸し返せるという”執行猶予”中なのです。 その猶予期間中に、再び彼らを怒らせる振る舞いをトヨタがしたのではないかと...

一つは世界初の量産FCV「ミライ」の発売を機に、水素循環型社会への転換をアピールしていること。 言うまでもなく石油は世界の富の流れを決めてきたもの。 彼らの主な資金源です。 ただ、彼らの一会派では「CO2排出権取引」という新たな錬金術を試験的に始めており、一概にストップはかけられないというジレンマもありました。 ところがもう一つ、トヨタは禁忌を犯してしまった。 それがハンプ氏逮捕前日の株主総会で決めた「AA型種類株」の導入です。 この株は5年間の長期保有を義務付ける代わりに実質元本保証するという、いわば”ヘッジファンド潰し”を目的としたものです。

この新株導入に対して、彼らは大手の投資アドバイザーや資金運用団体を使って圧力をかけたのにトヨタは導入を決定。 石油、株取引、先物取引などが彼らの主な錬金術的資金源ですが、トヨタはこれにカイゼンのメスを入れてしまった。 さすがにこれには彼らも黙ってはいられない。 また、F1やオリンピックにサッカーといった大型イベントももちろん彼らに利潤をもたらす果実なのですが、こちらの分野でもトヨタはIOC公式スポンサーになって資金の透明化を図り、一方でFIFAクラブワールドカップからは撤退。 もう我慢ならん! お灸をすえてやらねば!! 外部登用からトヨタ初の女性役員となったハンプ氏は、その格好の生贄だったのです... というのが一般的(?)な陰謀論者の考えです。 (真剣にとらないでね)

さて、私はあえて逆の見方もあると考えています。  実は、ハンプ氏は被害者ではなく、彼ら、国際金融マフィアからのエージェントだったのではないかと。   最近、有名企業のトップに突然、さほど実績があるわけでもないし、さりとてとても有能そうには見えそうもない外国人が登用されるケースが増えたと思いません? それはなにも国内の企業だけではなく、海外の企業でも、そしてスポーツなどの分野でも。 ほら、F1でも創業オーナーの後釜に今まで見たことも聞いたこともない人が忽然と居座ってません? 古くはロン・デニスもそうでしたし、もっと前では、というか元祖がバーニー??!!!

私は彼らのことを個人的に”国際金融マフィアからのエージェント”と呼んでいます。 特徴はアーリア人系(これは金髪碧眼の白人だけでなくインド系も含む広義の定義です)で、そしてあまり有能に見えないこと。 なぜ、有能じゃない人が彼らのエージェントになるかというと、これは恐らく金融マフィア総本山に資金供給することだけを目的に洗脳されているので、その他の部分はちょっとバランスを欠いているという、ショッカー怪人的なアレです。

そうして振り返ってみると、ハンプ氏のポジションはトヨタの莫大な宣伝費を自由にできる広報のトップでした。 また、登用のきっかけがGM時代にニュルを走ったことがあるという話題で豊田社長に気に入られたという、いかにもありがちなものなのも、この仮説を裏付けています。 ハンプ氏が起訴猶予で済んだのには、ケネディ駐日アメリカ大使の強い働きかけがあったとも言われています。 なぜ、一介の民間人の処遇に対してアメリカ政府、いや、ケネディ家が介入するのでしょうか? 

いずれにせよ、本当はトヨタの執行猶予中にありったけの広告資金を彼らの手の内にある企業に流すのが目的だったのに、本来使命以外には無頓着で思わぬところからケチがついてしまったということ。 もう一つの誤算は警視庁が職務に忠実すぎたこと。 かくして、偶然のおかげでトヨタは国際金融マフィアの魔の手から守られたのでしょうか? いや、実はこれはトヨタの計画的な反攻作戦だったのか、はたまた、日本政府内の心ある有志によるテロ的な反逆だったのか? 今宵も陰謀論を巡る妄想は尽きません。

(念のため言っときますが、このブログ記事はすべてフィクションで実在の人物・団体とは一切関係ありません。 笑って読み流してください。)


nice!(0)  コメント(0) 

キンドルファイヤぁー!HD!! 必殺技の名前みたい [大人のヒ・ミ・ツ]

噂のキンドルファイア、うちにもやってきました。

125.jpg

1週間前に注文して、発売日の18日に届きました。 「箱から出してすぐ使える」のキャッチコピーは誇張ではなく、開梱してやったのは充電と無線LANのパスワード入力ぐらい。 一番苦労したのはタッチパネル保護フィルムを貼ることで、何度やっても気泡が取れず、そのうちどんどん埃が入ってしまいました。(私が買ったフィルムの評価を見ると、すでに最低評価が続々と…みんな苦労してんだ)

それはともかく、起動後はすぐにWeb閲覧や書籍の購入が出来ました。 既に本体に自分のAmazonアカウント情報が入力されていて、本当にクリックするだけで購入できました。(パスワード入力もなし!) さすがというか、恐るべきアマゾン!

もともと、電子書籍リーダー兼タブレット端末として、最近パソコン使用が多くなった子供のために購入したものなのですが、うっかり多額の買い物をさせないように歯止めを考えとかなくちゃ。 でも、(Web)説明書読むのめんどい。


nice!(0)  コメント(0) 

憧れは単純な問題ではないから... [大人のヒ・ミ・ツ]

あ、また”大人のヒ・ミ・ツ”になっちゃった。 

ドイツでは街頭の看板が重要な広告手段です。 日本の新聞広告やTVのスポットCM以上の役割を担っています。 たいへん手の込んだ作品も多く、見ているだけで面白いものもたくさんあります。 夏場になれば、服飾メーカーやデパートの広告で、水着や下着姿の広告も珍しくはありません。 (シューマッハの上半身裸ってのもあるし...) そういうところはわりとおおらかなんですね。

そんなドイツでも異色の広告が最近、ちらほらと...

011.JPG 

裸で抱き合う老夫婦の広告。 数組のカップルが登場しています。 中にはゲイのカップルのもあります。 さすがにコレはナンじゃろ?と思わず見入ってしまいます。 広告の中にはこの記事のタイトルのような意味が書いてあるほかは、ホームページのアドレスが入っているだけ。 最初は保険とか養護施設の広告かなと思ったんですが、ん? 左上の緑色のところになんとか障害の治療とか書いてあるけど、電子辞書にはこの単語載ってない。(でも、だいたい想像できるけど)

で、ホームページを見に行ったんですが、やっぱり男性の機能不全の治療施設の広告でした。 広告に登場したカップルの体験談が書いてある模様。 こんなんが通学路とかにあるんですよ。 やっぱり、ヨーロッパ人にとって愛情・スキンシップは大切なものなんですね。


nice!(0)  コメント(0) 

なーに売ってんだか? その3 [大人のヒ・ミ・ツ]

ドイツも夏になりました。 このところ気温も20℃を超えて、暑い暑い。 夏になると郊外のお姉さん方の数も増えてきます。 

292.JPG 

この日はまだ肌寒かったのですが、暑くなるにしたがってお姉さん方の衣装もだんだん軽装になってきます。

293.JPG

やっぱりなんかねぇ、物理的なモノも売っているような気がするんですよ。 バッグ持ってるし、車のおじさんと値段交渉みたいなこともしているし。 でも、よくわかりません。

294.JPG

気になって気になって、週末は必ずこの道に偵察に来ています。 ところで、郊外に出る道はあまたあるのに、どうしてこの道、このポイントだけにいるのか? あっ、気が付いたのが、この道の向こうに兵舎があるですよ。 だから非番の若い兵隊さんがお客さんなのかな?っとも思ったりするんですが、お買い求めになる瞬間を目撃していないので、やっぱりよくわかりません。

さて、次はヨメが撮ってきた写真ですが...

291.JPG 

これはDBでケルン方面からデュッセルドルフ中央駅に到着する寸前の右側にあるビル。 窓にナンバーがふってありますね。 で、中にはやっぱりお姉さんたちが。 このときはまだ午前中だったのでこんなですが、遅く行くともぉっとすごいことになっているそうです。 で、お客さんは好みのお姉さんのいる部屋番号を覚えておいて、駅に着いたらビルに直行、「緑の25番!」とかいって注文するんだそうです。 合法です。 安全です。

なにやってんだろ? わたしら夫婦...


nice!(1)  コメント(0) 

なーに売ってんだか? その2 [大人のヒ・ミ・ツ]

最近、日の出が早い。 (もっとも来週からサマータイム・スタートでリセットされますが) 郊外の森の入り口に立っていらっしゃるおねぇさん方も、最近は8時過ぎにはご出勤。(子供を学校に送って行く途中に見かけます)

でも、週末はだいたい昼過ぎからのようです。

262.JPG 

今日(日曜)も...

261.JPG 

いらっしゃいますねぇ。


nice!(0)  コメント(0) 

何を売ってんだか? [大人のヒ・ミ・ツ]

休日、街の中心から郊外に車を走らせていると、街のはずれの森の入り口のところに、ミョーなお姐さんたちがいるのに気がつく。 このお姐さんたち、それほど若くはないのですが、ムチムチのホットパンツとかをはいてて、一人でいるのもいれば、二人組みだったり。 イスを用意してたり、してなかったり。

141.JPG

真っ先に思いつくのはアレですが、別に殿方といっしょに森の中に消えて行ってるわけでもなし。(まあ、それほど深く観察してないのでわかりませんが) なんかを売ってるような雰囲気があります。

強壮剤? アジアの某地域ではトラック運転手用の強壮剤を売るのに、わざわざ若い娘にビキニを着せて客引きをしていると聞いたことがあるのだが... それともドラッグとか非合法系? ただ、警察が警戒している様子はありません。 気になるんだけど、深入りできない。 ああ、それは大人の世界...


nice!(0)  コメント(0) 
大人のヒ・ミ・ツ ブログトップ
メッセージを送る