So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

仁徳天皇陵に行きました [旅行]

 梅雨入りして間もないころ、またまた2.5Dミュージカルに行くという子供のお供で大阪に行きました。 近鉄で鶴橋に行って、環状線で森ノ宮に。 劇場の様子を窺いながら、近くの鉄板焼き屋さんで昼食。

142.jpg

 ミックス焼きそばを溶き卵で。 この焼きそばを溶き卵でいただくというのは、昔、従姉に連れて行ってもらった天王寺の鉄板焼き屋さんで知りました。 もう少し胡椒効いててもいいかな。

143.jpg

 子供はたこ焼き。 ソース味に、珍しい”塩味”のミックス。 美味しゅうございました。 昼食後、物販に並ぶ子供と別れ、私は電車に。 環状線から阪和線に乗り換えて向かったのは三国ヶ丘駅。

144.jpg

 仁徳天皇陵古墳です。 駅から北西に向かい、後円部をかすめて前方部の正面まで半周歩きます。 後円墳、結構な高さ。 普通に里山です。

145.jpg

 外堀にアオサギ。 このほか、ミシシッピアカガメがうじゃうじゃ。 宮内庁さん、歴史を守るのも大切だけど、環境も守りましょう。 それにしても外堀が意外に小さいと思っとったら、これ3重の堀の一番外のか。

146.jpg

 中間地点、ちょうどくびれの部分。 意外と歩けます。

147.jpg

 そして正面に到着。 大きすぎて全容がよく分かりません。 近くにタワーでもあればよいのですが… あ、あるじゃん! と思ったら、平和塔で中には入れません。 さて、この正面のところの道路におったら、目の前に羽曳野市のマイクロバスが到着。 どうやら、羽曳野市と仁徳天皇陵を結ぶシャトル便のようです。

 羽曳野市には応神天皇陵古墳を中心とする”古市古墳群”というのがあって、仁徳天皇陵を擁する堺市の”百舌鳥古墳群”とタッグを組んで、世界遺産を狙っているようです。 まあ、規模的には世界遺産になってもおかしくないな。 なお、古市古墳群には、「暗黒神話」に出てくる白鳥陵古墳もあります。 金印が埋まってたんだよね、行ってみたい。

 正面から大仙公園を横切って履中天皇陵へ向かいます。 公園の中や周りにはポケGOをやっている人がうじゃうじゃ(この日はヨーギラス大量発生の日でした)。 堺市民、他にやることがないのか!!

148.jpg

 これもでけぇ!と思ってたら、日本で3番目の大きさとか。 古墳フロントのお宅の隣の展望台から望む。 いいな。古墳フロント物件。

149.jpg

 履中陵から緑化センターの前を通って、阪和線を横断して、公園の側にあったのが、”いたすけ古墳”。 百舌鳥古墳群の中では小さな方ですが、それでも墳丘長146m。

150.jpg

 住宅街を抜けて見えてきたのが”御廟山古墳”、墳丘長203m。

151.jpg

 こういう説明資料が至る所にあって、大変勉強になります。 すごい、すごいぞ、百舌鳥古墳群! いや、世界遺産確定でしょ? 百舌鳥駅周辺でお茶(大阪といえばミックスジュース)をして、古墳のお土産買って、阪和線で天王寺へ。 ハルカスの地下で大阪土産を買って鶴橋へ。

152.jpg

 鶴橋といえば、この煙。 子供と合流して夕食の予定が、森ノ宮に入ってきた環状線外回りが器材不良でストップしたそうな。 鶴橋の駅員さんから情報を聞くと、すぐに代替の車両と入れ替えるけど、すごく混むでしょうとのこと。 子供に連絡すると、自力で地下鉄に乗り換えようとしていたとのこと。 遠回りでも確実に鶴橋に向かって来ようと、必死でルート検索してた模様。 成長したな、子供! 幸い、次の便に無事に乗れました。

153.jpg

 夕食は焼肉ではなく、串焼きに。

154.jpg

 うまい、うまいけども、意外に次の串が来るのに時間がかかる。 もうちょっと食べられたけど、帰りの電車の時間があるので腹八分目で。 次はもう少し時間をとっておこう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

初夏の買い出し2018 [食楽]

 関東地方は史上最速で梅雨明けしたそうですが、東海地方はまだ梅雨真っただ中…のはずですが、雲は入道雲。 降ってくる雨は梅雨というよりも真夏の夕立です。 そんな中、関谷醸造さんに予約の「吟」をもらいに。 次回(1年後)は「空」と「吟」を一本ずつにしてもらいました。

 関谷醸造本社蔵からR257と農免道路を通ってR151へ。 ミンデンさんでパンを買おうと思っとったら、今回も臨時休業! ありゃりゃ? (なんか9月頃まで休業のようですね。 なんかあったのかな?)

 R151からR418、売木峠を経て平谷へ。 新野峠下りたところにうどん屋さんが出来てました。 また、売木を下りたところの「蕎麦屋 侍」は繁盛しすぎで日曜休業になりました。 平谷で「まつのや」さんに寄って追加の酒2本購入と「伊那シードルまた入れてね」とお願いして下山。 平谷・根羽のトウモロコシは今月末からですが、住岡屋商店で飯田産の茹でたてを売ってたので購入。

141.jpg

 今回は「吟」2本と、「白馬錦 雪中埋蔵」の加水、「斬九郎 外伝」の20年古酒。 関谷の吟醸工房でも古酒売ってましたが、まだまだ若かった。 この20年物はどうでしょうか?

 夏は冷蔵庫が満タンになるので、あんまり一度に買えません。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ルマン24H2018 トヨタ悲願の初優勝!て、8号車どうすんだろう? [モータースポーツ]

 ライバル不在とか言われながらも悲願のルマン初制覇を果たしたトヨタ。 日本では色々と雑音もあるようですが、ルマンの観客の惜しみない拍手喝采を見ると、現地のファンにはトヨタはちゃんと受け入れられていたんだなぁと、あらためて感じることが出来ます。

 ところで、気になるのが優勝した8号車の行く末。 マツダは優勝した55号車(787B-002)をすぐに永久保存にしちゃったものなぁ。 トヨタも永久保存にしちゃうのかな? まだまだシーズン中、クラッシュして全損/焼失なんてことになったら目も当てられない。 シーズン中に3号車を造るのかな? ポルシェやアウディはどうしてたんでしょうね??

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

枯れる竹林 [地域ネタ]

 私の住んでる東海地方では、100年に1度しか咲かないという竹の花が咲いたという話を最近よく聞きます。 ちなみに花が咲くと、その竹林は枯れてしまうそうです。 一度見てみたいなと思っていたら、ドライブ中の道すがらに枯れた竹林を発見。 もしや?と思い近くに寄ってみます。

137.jpg

 田んぼのあぜ道に車を置いて近寄ってみると...

138.jpg

 枯れている。 そして竹の葉とは違うものがびっしりと付いている。

139.jpg

 どうやら、花を通りこしての”実”のようです。

140.jpg

 ちなみに竹の花は凶兆ともいいますが…

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

あ? ルマン始まってらぁ… ルマン24H 2018 [モータースポーツ]

 あ、そういえばルマンやってたなぁと、WECのアプリを見ると、 …  あ? 予選も終わってる。 今年は、普通にやればトヨタの圧勝なんだろうけども、普通に勝てないのがトヨタのスゴイとこ。 いったい、ルマンの女神に どんな悪さをして嫌われたんだか? 

 本当に普通に走れば勝てるはずなのに、やれ過去最高燃費への挑戦だとか、やれ過去最高周回への挑戦だとか、余計なことをやると自滅の危険性が増し増し。 ライバル不在とか言われても知らんふりして、えげつなく勝ちに行けるかがカギかな?

 私の予想は…  ”ラピエールのスピンに巻き込まれて多重クラッシュ” なんか、本当にありそうで怖い…

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

レクサスNX ナビ画面の曇り [愛車ヒストリー]

 NXのカーナビの画面が汚れていたので、指を濡らして(唾でね)ゴシゴシしたところ… なんか画面の端がまだらに。 こりゃイカン!と、クリーナーとかコンパウンドとかでゴシゴシ磨いてたら...

136.jpg

 こんなふうに光沢のあるところと艶消しの部分が中途半端に残っちゃった。 ”やってまった!!”状態です。 恐らく表面のコーティングが部分的に削れてしまったようですが、この後は何をしようが、この状態から変わりません。 このままじゃ査定額が下がっちゃうと善後策を必死で考え、タッチパッド用の保護フィルムでごまかそうと電気屋とかに見に行ったら、高いのねフィルム。 いっそのことクリアラッカー吹いちゃうかとまで考えましたが、とりあえず6カ月点検の時にグラスパネルだけの交換が出来ないか聞いてみる。

 と、NXはグラス面のコーティング(ディーラーはフィルムって言っていた)が弱いので、結構同様の苦情が多いとのこと。 

メーカー保証で無償交換してくれることに。 いわゆる、隠れリコールですね。(走る・曲がる・止まるには関係ないからね)

 そろそろ3年目で車両交換の話をしなければいけませんが、NXは小改良が7月に入って価格が一部変わるので、商談はその後にすることになりました。 次は何色にしようかな。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

「月館の殺人」とSLやまぐち号 [ひつま...ひまつぶし]

 最近、やたらとブックオフでコミックスを買ってくるヨメが、しつこく『読んで、読んで!』と勧める「月館の殺人」。 「動物のお医者さん」で有名な佐々木倫子とミステリー作家の綾辻行人のコンビで、小学館の「月刊IKKI」に2005年2月号から2006年6月号に掲載された作品ですね。

135.jpg

 なにごと?と思って読んだら、作品の重要なキーとして山口線の「SLやまぐち号」が出てくるのね。 一応ミステリーなのでネタバレは控えますが、作品の冒頭で やまぐち号の特別な運行の日に、地元の鉄道ファンと場所取りをしていた撮り鉄とのトラブルが描かれるんですね。 実は私、やまぐち号の営業運転開始日に、このシチュエーションそっくりな目に遭ったのね。

 私の実家は山口線の宮野-仁保間の最初の上り坂で、その筋には有名な”大山路踏切”のすぐ近くにあるので、営業運転の前の試運転の時から見に行っていました。 最初の最初の試験日、帰りにディーゼル車に牽引されて戻ってきていた時の写真も撮ってたりしてたんですよ。 それで営業運転までに、どこのポイントが一番いいかなと撮影場所をいろいろと吟味していて、いよいよ営業運転開始日にその撮影ポイントに行ったら、いるわいるわ、今でいう撮り鉄の面々が。 で、自分が決めていたポイントに行ったら、その撮り鉄の一人がやって来て、そこは邪魔だからどけ!って偉そうに言うのです。 こちとら、お前らが来る1ヶ月以上前から ここに決めてたんだぞ!と思いながらも大人の圧力には逆らえず、一緒に行っていた年下の子らと、すごすごと退散。 あんまり悔しかったので場所を移動する際、「じゃあ、あそこのポイントに行こうやぁ! あっこなら誰もおらんけぇ!!」と捨て台詞を吐いて、その場を後にしました。

 これはあながち虚勢ではなく、私らが向かった”次点”のポイントは大山路の踏切から自転車で5分くらいのところですが、本当に地元の人間しか行き方がわからないところで、森を抜けてきたSLが一瞬、開けたところに出てくる緩やかなS字カーブで、そこを小ぶりの土手の上から見下ろせるところでした。 本当に私ら3人だけ(+私らについて来た人のよさそうな鉄道ファンが一人)で、C571を出迎えて撮影したのでした。 もう、その写真も実家の建て替えの時にどこへ行ってしまったかわからなくなりましたが。

 もっとも、後年、いろいろな知識を得るにつれ、そのポイントは必ずしもSLの撮影には向いてないんだなということがわかってきました。 そこは、大山路の坂を上ってきた線路が一瞬だけ下りになっているとこで、SLが一息つくところだったからです。 だから、噴煙もスチームもちょっと控えめだったのです。 うーん、当時の撮り鉄は実はこの事知ってたのかも。

 さて、漫画そのものに話を移すと、そういえば佐々木倫子さんとの付き合いも長いなぁ。 最初に彼女の漫画を見たのは学生時代、寮の新聞置き場に捨ててあった「花とゆめ」に載っていた、「林檎でダイエット」のシリーズを見たのが最初かな。 実直な画風にシュールな間の取り合わせ、なんか怖いもの見たさのような魅力がありました。 この後、「動物のお医者さん」でブレークするんですね。 で、今も実直な作風は健在。 なにより、「月館の殺人」では、あとがき漫画に描かれた自画像を、ちゃんと おばさんに描いているのがスゴイ。

 この時期の「花とゆめ」は”第4の少年誌”と言われていたぐらい、男子が読んでも読みごたえのある作品・作家が多かったな。 川原泉は良くも悪くも変わらなさすぎた。 しばらく離れた(というか漫画を描かなくなっていた)後に、レナードシリーズなどで再び愛読するようになりました。 那州雪絵は「フラワーデストロイヤー」シリーズが好きだったんですが、だんだんボーイズラブの方に行っちゃった。 那州と同時期にSFものを描いていた 亜藤潤子は、残念ながらSFもののパイが「花ゆめ」にはありませんでした。 このヒトは厦門潤という別名も持っていますが、最近では陸野家鴨という名で美少女まんがで活躍されています。 「日渡早紀ちゃん」シリーズの日渡早紀、「僕地球」は最初は面白かったけど、7~8巻くらいで終われる作品をだらだらだらだらと引き延ばすので、途中で読むのをやめました。 女性漫画家の悪さの典型かな。 そして、「ファンタジーだよーん」で衝撃を受けた 遠藤淑子。 結局、今でも新刊は必ず買っています。 このヒトは川原泉とは逆で、いい意味で変わっていった人。 そして、その変わっていく方向が私の変わっていく方向とたまたま同じでした。 知ってからずっと読み続けている作家さんて、遠藤淑子さんとサライネス(サラ今市名義でAUTO SPORTに投稿していた頃から)さんくらいですかね。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

女子ソフト大垣大会2日目 ミナモ健闘するも... [スポーツ]

 ゴールデンウイーク突入です。 昨日はヨメさんの習い事の先生の発表会に行ったので、大垣ミナモ応援は今日になりました。 きっと名神の一宮あたりが混むと思い、今回はJRで大垣へ。

131.jpg

 いかにも暮らしやすいですよ~と移住を促す大垣駅の広告。

132.jpg

 アクアウォークの横をすり抜けるとそこは大垣市北公園野球場。

119.jpg

 すでに第1試合が始まってます。

120.jpg

 大垣市のおもてなし。 無料うどん提供コーナー。 ミナモのブースに行って、「育てる会」の会員証を見せてチケットをもらい、応援グッズを購入。

134.jpg

 ビブスが500円、キャップが1500円、プログラムが1000円でした。

122.jpg

 11:30にいったん抜けて、球場のすぐ前にある井筒食堂さんで昼食。

133.jpg

 おすすめの、ここにしかない”天ぷらラーメン”を注文。 エビ天が入っています。 味はチャルメラの醤油味系統で麺はたくさん入っています。 チャーシューにも味が染みています。 ご飯と一緒に食べたらいいかな。 後ろは警備の関係者さん達。 ミナモの試合が始まる前に早めの腹ごしらえのよう。 カツ丼が人気でした。

121.jpg

 ミナモのバス。 やっぱり後ろだけラッピング。

123.jpg

 そうこうしているうちに第1試合はタイブレークで戸田中がサヨナラ勝ち。 太陽誘電まさかの開幕3連敗です。 いや、戸田中が強いのか?

124.jpg

 第2試合の開始を待つ間に配られていたミナモのバルーンをもらいます。 大垣市は市制100周年です。

125.jpg

 第2試合の開始が近づくにつれ、大垣市民が集まり出しました。

126.jpg

 こちらは信金の若いお姉さんたち。 今川選手の応援です。 今日は日差しが強いので若いお嬢さんたちには厳しそう。 (試合開始前には日焼け止めをバッチリ塗って日傘は仕舞われていました。) ミナモは1部唯一のクラブチームです。 選手は一つの企業に所属しているのではなく、市内を拠点にする様々な企業に分散しており、練習の時に初めて一つになります。 昨年までは定時まで働いて夕方から練習でしたが、1部に昇格した今年より午前中だけ働いて午後から練習になりました。

128.jpg

 ミナモ先発は、オーストラリア出身のエレン・ロバーツ。 1部昇格に伴う、いわゆる強化選手です。 これも悩ましいんだよね。 彼女の登場によって、1部昇格まで頑張ってきた生え抜きの選手の出場機会が奪われてしまうから。 開幕投手を目指していた選手の特集をローカルの番組でやってたんだよねー。 

129.jpg

 まあ、そのロバーツ選手の好投で格上のデンソーと中盤までは互角の戦いでしたが… 5回にレフト強襲ヒットが出て先行され、そのまま敗戦。 なかなかヒットが出ませんでした。 1部初勝利は今回もおあずけです。 まあ、あきらめずに頑張ろう! 次見に行けるのは10月の名古屋大会。 でも相手がBICとトヨタ。 ボコボコにされるか、それとも成長して一泡ふかしてやるか?!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

TV Bros.月刊化のその後 [メディアの不思議]

我が家で愛読してたTV情報誌「TV Bros.」の月刊化+番組欄なくっなっちゃう問題のその後。 

118.jpg

NHKの情報誌「ステラ」の定期購読にしました。 番組欄が東京版と大阪版だけで、中京版がないのが玉にキズですが、まあ、あんまり見ないし、あるだけましか。 その代りNHKの番組紹介が厚いのがいいのですが、特集が朝ドラと大河ばっかり。 もう少しBSの番組も取り上げて!

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

アズッカ・エ・アズッコ 2018年春のワイン [食楽]

 豊田市のワイナリーにして、愛知県唯一のワイナリーであるアズッカ・エ・アズッコの2018年春シーズンのワインの販売が始まりました。(既に予約で完売です)

116.jpg

 おなじみの山羊さん、あれ? 今日は黒いのしかいない。 もう一匹は? 心配になって聞いてみると、下(元のお店)に置いたまま忘れて来たそうです。 まあ、安心安心。

117.jpg

 今回は4本。 今回から白がリニューアルされて、より繊細になったというので、白から飲むか。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -