So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

ぼくの夏休み [季節]

 今年のお盆休み。 特にどこかに行くでもなく、ふらふらしてました。

001.jpg

 まずは平谷で買った、夏のお酒。


002.jpg

 子供の付き添いで行った大阪にて、心斎橋の大丸で食べた桃のタルト。


003.jpg

 こっちはトヨタさんの厚生施設、フォレスタヒルズで食べた 猿投の桃のパフェ。 桃のシャーベットとマスカルポーネのアイスとのバランスが絶妙!

004.jpg

 これは子供が食べた 稲武のブルーベリーのシェイクみたいなの。 ホワイトチョコフレークがアクセントに。


005.jpg

 ここは下山村の五平餅が自慢の道の駅っぽいところ。

006.jpg

 カマキリ先生が下山テストコースに行く前に立ち寄ったところですね。 サインが置いてないかと行ってみたんですが、サインは無くて店内で撮影した写真があちこちに貼ってありました。 やっぱり、育ちのいい人はむやみにサインはしないんだろうなぁ。 五平餅も口を付けたかどうか?


007.jpg

 今年も行ったよ、岡崎のブドウ園。

008.jpg

 イチゴとブドウのかき氷。 濃い濃い濃い! コストパフォーマンス抜群!


009.jpg

 豊橋というよりも、ほぼ湖西市の有楽製菓の工場の直営店。

010.jpg

 ブラックサンダー!! ヨメがどうしても行きたいというので。

011.jpg

 スピードくじ引いたら A賞! Tシャツにクリアファイルにトートバッグにブラックサンダーのマスキングテープが当たりました。 この日、最初にくじを引いた私がいきなりA賞で、お店の人も驚いていました。 隣の直営店だけで売ってるアイスを食べていると、次のお客さんもA賞! 昼から来るお客さん、ごめんなさい。

 ありゃ、けっこう いろんなとこ行ってるじゃん。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

橋カード コンプリート!! 梅雨の買い出し2019 [食楽]

 梅雨の合間。 本日は午前中は雨でライダーも少ないので平谷に買い出しに。 まず、ベッケライ・ミンデンさんに行こうと思ったら、いつも使ってる農免道路が崖崩れで通行止め。 今日は諦めて平谷村に直行。 途中、ネバーランドに新しくできた鯛焼き屋さんに予約を入れてから平谷のスキー場へ。

 この時期はドローンやバギーの営業をしてるはずなんだけども売店はやってそうにない。 こりゃ、今回も空振りかなと諦めかけてたら、ドローン教室のお兄ちゃんたちがスキー場の人を呼んで来てくれて、ついに最後のカードをゲット!

092.jpg

 最後のカードは「宮の前橋」。 道の駅「信州平谷」の奥の方の神社に行くところの橋ですね。 今日はあいにく台紙を忘れて来たので、次回 コンプリートした台紙をどこかの役場に持って行って、スペシャルカードをゲットしましょう。

091.jpg

 今回の収穫。 仙醸のどぶろく、夜明け前の金紋錦、シードル2種は まつのやさんで、吟は蓬莱泉の吟醸工房で、そして平谷高原スキー場で買えたコーンスープ。 もちろん、鯛焼きも買って帰りました。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ニュルブルクリンク24Hレース 2019 トヨタのパブリックビューイングに行きました [モータースポーツ]

 今日は、おフランスGPに菅生のスーパーフォーミュラ、ベルンのフォーミュラEにニュル24時間と大忙しの日。 で、先週に引き続き豊田市のフォレスタヒルズのパブリックビューイングに行きました。 ちょうど昼前、J-Sportの放送がない夜間の時間帯にあたりますが…

088.jpg

 24時間戦うんじゃないんかい!!!!!  しかたないので園内の周回路をウォーキングしていると、おや?

090.jpg

 コスプレの(有料)撮影会をしていました。 そういえば駐車場に怪しげな連中が野営していたな。 モータースポーツファンとは違うオーラが出ていたし… 気になって運営元のサイトを確認したら、結構大きな団体みたいです。 フォレスタでは7月にも2回撮影会するようですね。

089.jpg

 もう一つ気になったモノ。 そのプール横の自販機にコークのエナジードリンクがスタンバイしてる。 来月まで買えないのかな?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ルマン24H 2019 トヨタのパブリックビューイングに行ってきました [モータースポーツ]

 2019年のルマン24時間レースもクライマックスを迎えています。 勝って当たり前とか、トヨタしか勝てないから面白くないとか散々に言われていますが、それでも伝統のレースは続きます。 トヨタも再びライバルが現れるまでは ちゃんと残ってないとね。 ルマンに恩返ししなくちゃ。

 さて、今年は そのトヨタさんが地元でもパブリックビューイングをするとかいうので先輩に連れて行ってもらいました。 場所はトヨタさんのやってるフォレスタヒルズというレジャーホテルです。

081.jpg

 豊田ジャンクションから新東名に向かう大きな橋のところから見えますね。 ホテル・宴会場に結婚式用のチャペル、ウォータースライダーの付いたプールに屋内テニス練習場といろいろあります。

082.jpg

 パターゴルフ場にポケモンジムも多数!

083.jpg

 私はここでクリスマスケーキを買ったことがある。 クリスマスの時、駐車場が楽なんですよ。 大きな日帰り湯もあるけど、トヨタ社員(とOB)のサウナ利用マナーが…

084.jpg

 パブリックビューイングの会場は1階の宴会場。

085.jpg

 夕飯時だったためかお客さんは少な目。 フィニッシュ時間帯に向けて、どんどん増えていくのかな?

086.jpg

 J-Sportの中継のほか、独自のオンボードカメラ映像が。 要所要所でトヨタの担当社員さんの解説が入るそうです。 来週のニュルの時もやるそうなので、放送がない時間帯に来てみようかな。

087.jpg

 去年の優勝トロフィー。 本物? レプリカ? 応援用の旗をもらったけど、もうちょっとグッズが置いてあると もっと良かったかな?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ついに買ってしまった... 「アローエンブレム グランプリの鷹」のDVD BOX [モータースポーツ]

 このたび思うところあって、ずーっと買うか買うまいかと迷っていた「アローエンブレム グランプリの鷹」のDVD-BOXを購入しました。

077.jpg

 昔(2005年くらい)、大垣のブックオフに置いてあったのを、さんざん悩んだ挙句に買わなくて後悔してたんですが、いざ買おうとなると定価の2倍くらいになってたので断念。 最近ようやく定価割れをして適正価格に戻ってきたのですが、やっぱりきっかけは この人のことがあったからですね。

079.jpg

 鷹也の師匠、謎の覆面レーサーこと ”ニック・ラムダ”。 鷹也が読んでたモータースポーツ誌には”ラウダ”って書いてあるのを確認できます。 当時は肖像権とか緩かったけど、やっぱまずいと直前に変更したんでしょうねぇ。

078.jpg

 BOX 1の背表紙にはF1の”轟スペシャルT1”、BOX 2には”F0”の”サムライ”が描かれています。 この作品の本放送があった77年ころは、ちょうど”スーパーカーブーム”の真っただ中にF1の日本初開催が重なって、本作のほかにも「激走 ルーベンカイザー」、「マシン ハヤブサ」などのスーパーカー+レースもののアニメが多く製作されましたが、一番成功したのが、リアルと虚構のバランスが絶妙だった本作でした。

 さて、轟スペシャルは ご覧のとおり、前4輪/後4輪の8輪車です。 タイヤの数と速さは比例すると真剣に考えられていたんですねぇ。 この当時のF1は、ロータスのグランドエフェクト=”ウイングカー”コンセプト、フェラーリの横置きギアボックスに代表される重量物のセンター配置、そしてワイドトレッド+ロングホイールベース化など、現在のF1に受け継がれるコンセプトが続々と生み出されていたんですが、タイヤの数の方がわかりやすいよな、そりゃ。

 本作は8輪車という奇抜なコンセプトだけではなく、F1の1シーズンの間に前2軸4輪+後1軸ダブルタイヤ4輪のT1、ディジョンのフランスGPのプラクティス中にバックフリップ・クラッシュを経験した後、日本に帰国する時に見た航空機のフラップにヒントを得て決勝までにウイングを可変化改造したT2(実は当時でもレギュレーション違反)、高速サーキット対策に後ろを2軸4輪としたT3の登場といったマシンの強化改造(まるでSVE並みの驚異の開発力)があったり、F1だけでなく、モンテカルロラリーやルマン、サファリラリーにまで挑戦し、モータースポーツの魅力満載の豪華仕様となっています。 またレースには金が必要とか、政治がものを言うということも包み隠さず示しており、スーパーカーブームの子供ファンだけにとどまらず、コアなモータースポーツファンを取り込むことにも成功しているようです。 メカ的にも、ゴードン・マレーのブラバムBT46/2(または”/B”)よりも早く ”ファンカー”を登場させているなど、結構侮れない作品です。(これはシャパラル2Jを参考にしたんでしょうね) そういえば、富士のF1GPに轟鷹也を応援しに行ったという”架空ブログ”(残念ながら今は閉鎖)もありました。

 

 前半の地道なF1GP挑戦記も いいのですが、後半の怒涛の展開、すなわち、アメリカとソ連(!)が国家の威信を賭けてF1に参入、次第に形勢が不利になったアメリカが自国に有利なレギュレーションによるF0規格への移行を強引に認めさせ、そこにオイルマネーの中近東チームも参入して…という、荒唐無稽だけども さもありなんという展開の膨らませ方が自分は好きでしたね。 あと、イザベルな。(ふつう、ユーノーディエールで跳ね飛ばされたらバラバラになるけどな)

 そして忘れちゃならないのが、このエンディング。

080.jpg

 夕日に向かって歩み続ける鷹也の心情を歌った「レーサーブルース」。 同じ夕日バック、同じ東映グループのシャリバンの「強さは愛だ」と並ぶ私のソウルソングです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

不死鳥よ永久に… ラウダ逝く [モータースポーツ]

 1975、77、84年のF1チャンピオン、ニキ・ラウダが亡くなりました。 享年70歳でした。 76年の西ドイツGPで瀕死の重傷を負ったのちの奇跡の復活と、雨の富士での棄権。 一旦、引退した後にプロストを0.5ポイント差(シースン終了時点での計算)で下してのチャンピオン返り咲きなど、彼の偉業を讃えるエピソードには事欠きませんが、近年では ジャギュワやレッドブルでの働きぶりが意味不明だったり、息子のマティアスが限りなく凡人に近いドライバーだったり、ジョバンナ・アマティに誘惑されたり、あんなに尽くしてくれたマルレーヌ夫人と離婚した挙句に若いスッチーと再婚したり、片山右京のクソつまらないジョークのネタにされたり、『ニュルの事故で肺を痛めても生き残れたのは煙草を吸っていなかったから』と未成年の私に生涯禁煙の誓いをさせた言葉を放っておきながら 映画「Pole Position」の中でスパスパ吸っていたりと、あんまり若い人からの評判は良くなかったかな? それでも、私らの世代にとって、彼は偉大な憧れのヒーローでした。 なんせ、轟鷹也の師匠の謎の覆面レーサーになったり、写真判定じゃないと分からないほどの僅差になったモナコGPでゴールした瞬間にケン・アカバの勝利を宣言したりと、この人ならそれくらいやってくれそうと誰もが信じていたんだもん。

 思えば、「サーキットの狼」からスーパーカーブームに乗っかってた少年が熱心なモータースポーツファンになったのは、AUTO SPORTの77年12月1日号だかの彼のヘルメット姿の表紙に衝撃を受けたからにほかなりません。 彼がいなければ、今の生活もありません。 岩下レーシングの通販で「parmalat」のエンブレムを買って黒い帽子に縫い付けてかぶってました。 当時はやり出したアディダスのジャージも赤にしたもん。(沢田研二も着てたラウダジャケットは高くて買えなかった) 一度引退した後に、ヨコハマのCM(寺尾聡の”シャドーシティ”!)に出演し、そしてカムバックしてくれた時は本当に嬉しかった。

 そんな彼に一度だけ接近遭遇したのが、2001年の日本GP。 先輩に都合付けてもらったパドックパスで入った鈴鹿のピットエリア。 目の前に当時ジャギュワチーム所属のラウダがいました。

074.jpg

 勇気を振り絞ってサインを貰いに行く、まだ細かったころの私。

075.jpg

 流れるような仕草でペンを取り、サラサラとサインをして、またペンを戻すラウダ。 1秒たりとも、1ミリたりとも無駄な動作はありませんでした。 カリスマって、こういう事なんだなぁと実感しました。(ちなみにサインは人からの頼まれ物で、わたし用ではありません。 私は会えただけで十分)

076.jpg

 現役の時好きだったドライバーが天寿を全うして去っていく。 そういう歳になりました。 ニキよ安らかに… 

 ところで、NHKの「世界ふれあい街歩き」のウィーンの回(おそらく2008年製作版)には、誰がどう見てもラウダ!って人が映っています。 赤いキャップをかぶり、シェパードを2匹連れて軽快に階段を上っていく紳士。 この間の連休中に再放送していたのを偶然目にしましたが、あー、あれはやっぱりラウダだよなぁってあらためて思ってたところです。 これも虫の知らせだったのかな。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

トヨタの新テストコースを見に行く [愛車ヒストリー]

 連休でヒマだったので、トヨタがかねてから建設中の下山テストコースを見に行きました。 トヨタの本拠地がある豊田市郊外の下山村と、隣接する岡崎市の広大な山谷を切り開いて建設中の「トヨタ テクニカルセンター下山」。 このたび、全長5.3kmのカントリー路が運用開始したそうですが、そのコースが模擬ニュルブルクリンクなんだそうです。 かつて鈴鹿を模してヤマハテストコースを造ったように、日本にいながらニュル仕込みのクルマ開発を加速させようという事か。

073.png

 Googleの航空写真でもカントリ―路の全容が確認できます。 まさにミニ・ニュル。 さっそく、豊田市の下山地区の山中に。

063.jpg

 おおー、トヨタの看板が。

064.jpg

 そして見えてきたコースの一部。 こんな山中には不似合いな構造物。(今走ってる道路自体が不自然に整備されています。従業員の通勤用に整備されているのね。)

065.jpg

 ニュルとは言いつつ、テストコース。 安全性は十分に確保されている様子。

066.jpg

 おお、モダンな建物。 山中には不釣り合いなモダンなオフィス。 車両整備棟?

067.jpg

 谷を渡る橋が二つ。

068.jpg

 ここなんかはニュルの反対側の入り口の”Ex-Muehle”ってとこに感じが似てます。 ところで、こういうメーカーのテストコースの近くをうろうろしていると、メーカーのパトロール車が追っ払いに来るという話がマガジンXによく出ていますが、今日は特にそんな車は来ず。 連休中だからかな?

069.jpg

 想像以上の規模に圧倒されますが、このテストコースの建設計画が持ち上がった時には地元や環境保護団体などからの反対の声が多く上がりました。 環境保全を強化することで県の許可が下りたという事ですが、やっぱり相当山を削っているよ。 Googleの航空写真でも、相当の面積の山野が削られていることが確認できます。

070.jpg

 昔、「ツインリンクもてぎ」が出来た時も環境破壊では?と感じましたが、メーカーからは環境保護に最大限配慮したとのコメントが。

071.jpg

 こちらのテストコースも土木的にどうかは知りませんが、今 現在見る限りでは これでいいの?と感じざるを得ません。

072.jpg

 典型的な例がこれ、調整池。 大規模造成をした所には必ず造られますが、里山が持っていた貯水力を人工的な池で代用したものです。 ようは自然が持っている、これだけの貯水力が失われているという事。 土木やってる人、これなんとかなりませんか? 

 トヨタの新テストコースの完成で、トヨタのクルマが本当によくなるのかと同時に、テストコース近辺の大自然がどのように甦って維持されるのか? こちらも注目しないといけませんね。

 ちなみに豊田市在住の知人によれば、「はやくテストコースが完成して技術部全部 下山村に行ってほしい。 朝夕の渋滞が良くなるから。」だそうです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

10連休の買い出し 橋カード コンプリート難しい!! [愛車ヒストリー]

 世間は10連休真っ只中(私は9連休)、平成最後の日は朝から雨。 この雨を狙って(バイク居ないから)阿智村・平谷村に買い出しに行きました。

057.jpg

 まずは阿智村に。 昼神温泉を越えて花もも街道を行きます。 花ももはちょうど今が見ごろ、雨だけどきれい。 R256を上って カフェ・アントンさんへ。

058.jpg

 ここはドイツパンとこだわり珈琲のお店。 ドイツパンをカットしてもらっている間にコーヒーで一服。 今日はGW対応でブレンドしかなかったけど、それでも美味しゅうございました。

059.jpg

 これで橋カードも あと1枚。 しかし、最後の1枚(宮の前橋)が超難関。 平谷スキー場でリフト券か売店でコーンスープ購入、あるいは平谷湖フィッシングスポットの半日券購入。 スキー場は既にシーズンオフ。 ドローンかバギー体験で営業しているそうですが、今日は事務所に誰もおらず。(開いてはいたんだけど) 一方の平谷湖の方も、釣り興味ないし魚釣っても持って帰られんし。 フィッシングスポットの方もコーンスープ購入でOKという情報を人伝に聞いて行ってみたんだけど、やっぱり釣りじゃないとダメだって。 平谷湖もコーンスープ購入でOKにして欲しい。

 さて、カードの後は まつのや さんでお酒を購入して(病気されたという事だけど、お元気そうで何より)、道の駅で「豆腐の味噌漬け」と「もうたま」を買って帰途へ。

060.jpg

 お昼は稲武の「つたや」へ。 前から気になってた店です。 自慢の海鮮が入った太巻き(ハーフ)と筍のお味噌汁。 うまい!

061.jpg

 つたやの駐車場には不動様と”重軽様”(右端)があります。 重軽様は願いをとなえて持ち上げると、叶うときは軽く感じ、叶わぬ願いは重く感じるそうです。 家内安全を祈念して持ち上げたところ軽く感じました。 

062.jpg

 今回の収穫。 まだあったヴァンブーリュ(だいぶ澱が出ている)、黒松仙醸のどぶろく、斬九郎生酒。

ちなみに今回のドライブでの燃費は12.2km/ℓ。 けっこう登っているんだけど、信号少な目で定速で走ってるからかな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

女子ソフト2019シーズン開幕! [スポーツ]

 女子ソフトの2019年シーズンが開幕しました。 今年はドームじゃなくてパロマが開幕の舞台。 決勝トーナメントはオリンピックを意識して横浜スタジアムだそうです。

052.jpg

 オリンピックに向けて何とかソフト人気を盛り上げようという気が満々の開幕セレモニー。 今年は公式アンバサダーに聞いたことない(少なくともワシは)アイドルが就任。

053.jpg

 始球式前に歌って踊ったり、ファンサービスでプレゼントのバズーカをスタンドに撃ち込んだり(場外に飛び出してしまったが)と大活躍ですが、なんか努力の方向性が違っている気が…

 開幕戦の方は伝統のトヨタ対ビック。 このカードで何度も繰り返されてきた、出会いがしらのホームランか、あるいは(トヨタの)エラーがらみの失点かという非常に玄人向けの地味ーーな展開。

054.jpg

 膠着した展開に飽きて… 痺れて来た時に、ふと外野を見ると  あ、芝生席入れるんだ。 あっち行ってみよう。

055.jpg

 ビックの受付に置いてあったガチャガチャ。 楽しい! ビックはグッズも充実しています。 球場の外を歩いて外野の入り口に行くと、あれ、開いてない。 あ、内野から回るのか。 またまた歩いて戻ります。 結局、開幕ゲームはタイブレークの末にビックが勝利。 アボット頼りのトヨタに比べ、濱村を先発させて上野を押さえに使えたビックの方が一段上手かな?

056.jpg

 ゲームの後は恒例のドイツ料理屋さんへ。 今日は忙しそうだったので(後から来た夫婦連れは怒って帰っちゃった)、コースはやめてビールとソーセージの一品だけ食べて帰宅。 F1の予選があるからね。 さて、来週は2部の開幕。 金沢はちょっと行くの苦しい。 となると9月の大垣まで見に行けないかな?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ

平成最後の春の新酒 アズッカ・エ・アズッコ 2019春 [食楽]

 クルマの街のワイナリーこと、アズッカ・エ・アズッコの2019年春のワインの販売が始まりました。

048.jpg

 販売初日、多くの常連さんたちが集まっていました。

049.jpg

 黒ヤギさん。 試飲に忙しいお母さんたちに代わって子供の遊び相手をしていました。

050.jpg

 白ヤギさんは? いない。 ちょっと心配。

051.jpg

 今回はオオカミじゃなくてタヌキ中心で。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | -