So-net無料ブログ作成
モータースポーツ ブログトップ
前の10件 | -

ニュルブルクリンク24Hレース 2019 トヨタのパブリックビューイングに行きました [モータースポーツ]

 今日は、おフランスGPに菅生のスーパーフォーミュラ、ベルンのフォーミュラEにニュル24時間と大忙しの日。 で、先週に引き続き豊田市のフォレスタヒルズのパブリックビューイングに行きました。 ちょうど昼前、J-Sportの放送がない夜間の時間帯にあたりますが…

088.jpg

 24時間戦うんじゃないんかい!!!!!  しかたないので園内の周回路をウォーキングしていると、おや?

090.jpg

 コスプレの(有料)撮影会をしていました。 そういえば駐車場に怪しげな連中が野営していたな。 モータースポーツファンとは違うオーラが出ていたし… 気になって運営元のサイトを確認したら、結構大きな団体みたいです。 フォレスタでは7月にも2回撮影会するようですね。

089.jpg

 もう一つ気になったモノ。 そのプール横の自販機にコークのエナジードリンクがスタンバイしてる。 来月まで買えないのかな?

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ルマン24H 2019 トヨタのパブリックビューイングに行ってきました [モータースポーツ]

 2019年のルマン24時間レースもクライマックスを迎えています。 勝って当たり前とか、トヨタしか勝てないから面白くないとか散々に言われていますが、それでも伝統のレースは続きます。 トヨタも再びライバルが現れるまでは ちゃんと残ってないとね。 ルマンに恩返ししなくちゃ。

 さて、今年は そのトヨタさんが地元でもパブリックビューイングをするとかいうので先輩に連れて行ってもらいました。 場所はトヨタさんのやってるフォレスタヒルズというレジャーホテルです。

081.jpg

 豊田ジャンクションから新東名に向かう大きな橋のところから見えますね。 ホテル・宴会場に結婚式用のチャペル、ウォータースライダーの付いたプールに屋内テニス練習場といろいろあります。

082.jpg

 パターゴルフ場にポケモンジムも多数!

083.jpg

 私はここでクリスマスケーキを買ったことがある。 クリスマスの時、駐車場が楽なんですよ。 大きな日帰り湯もあるけど、トヨタ社員(とOB)のサウナ利用マナーが…

084.jpg

 パブリックビューイングの会場は1階の宴会場。

085.jpg

 夕飯時だったためかお客さんは少な目。 フィニッシュ時間帯に向けて、どんどん増えていくのかな?

086.jpg

 J-Sportの中継のほか、独自のオンボードカメラ映像が。 要所要所でトヨタの担当社員さんの解説が入るそうです。 来週のニュルの時もやるそうなので、放送がない時間帯に来てみようかな。

087.jpg

 去年の優勝トロフィー。 本物? レプリカ? 応援用の旗をもらったけど、もうちょっとグッズが置いてあると もっと良かったかな?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

ついに買ってしまった... 「アローエンブレム グランプリの鷹」のDVD BOX [モータースポーツ]

 このたび思うところあって、ずーっと買うか買うまいかと迷っていた「アローエンブレム グランプリの鷹」のDVD-BOXを購入しました。

077.jpg

 昔(2005年くらい)、大垣のブックオフに置いてあったのを、さんざん悩んだ挙句に買わなくて後悔してたんですが、いざ買おうとなると定価の2倍くらいになってたので断念。 最近ようやく定価割れをして適正価格に戻ってきたのですが、やっぱりきっかけは この人のことがあったからですね。

079.jpg

 鷹也の師匠、謎の覆面レーサーこと ”ニック・ラムダ”。 鷹也が読んでたモータースポーツ誌には”ラウダ”って書いてあるのを確認できます。 当時は肖像権とか緩かったけど、やっぱまずいと直前に変更したんでしょうねぇ。

078.jpg

 BOX 1の背表紙にはF1の”轟スペシャルT1”、BOX 2には”F0”の”サムライ”が描かれています。 この作品の本放送があった77年ころは、ちょうど”スーパーカーブーム”の真っただ中にF1の日本初開催が重なって、本作のほかにも「激走 ルーベンカイザー」、「マシン ハヤブサ」などのスーパーカー+レースもののアニメが多く製作されましたが、一番成功したのが、リアルと虚構のバランスが絶妙だった本作でした。

 さて、轟スペシャルは ご覧のとおり、前4輪/後4輪の8輪車です。 タイヤの数と速さは比例すると真剣に考えられていたんですねぇ。 この当時のF1は、ロータスのグランドエフェクト=”ウイングカー”コンセプト、フェラーリの横置きギアボックスに代表される重量物のセンター配置、そしてワイドトレッド+ロングホイールベース化など、現在のF1に受け継がれるコンセプトが続々と生み出されていたんですが、タイヤの数の方がわかりやすいよな、そりゃ。

 本作は8輪車という奇抜なコンセプトだけではなく、F1の1シーズンの間に前2軸4輪+後1軸ダブルタイヤ4輪のT1、ディジョンのフランスGPのプラクティス中にバックフリップ・クラッシュを経験した後、日本に帰国する時に見た航空機のフラップにヒントを得て決勝までにウイングを可変化改造したT2(実は当時でもレギュレーション違反)、高速サーキット対策に後ろを2軸4輪としたT3の登場といったマシンの強化改造(まるでSVE並みの驚異の開発力)があったり、F1だけでなく、モンテカルロラリーやルマン、サファリラリーにまで挑戦し、モータースポーツの魅力満載の豪華仕様となっています。 またレースには金が必要とか、政治がものを言うということも包み隠さず示しており、スーパーカーブームの子供ファンだけにとどまらず、コアなモータースポーツファンを取り込むことにも成功しているようです。 メカ的にも、ゴードン・マレーのブラバムBT46/2(または”/B”)よりも早く ”ファンカー”を登場させているなど、結構侮れない作品です。(これはシャパラル2Jを参考にしたんでしょうね) そういえば、富士のF1GPに轟鷹也を応援しに行ったという”架空ブログ”(残念ながら今は閉鎖)もありました。

 

 前半の地道なF1GP挑戦記も いいのですが、後半の怒涛の展開、すなわち、アメリカとソ連(!)が国家の威信を賭けてF1に参入、次第に形勢が不利になったアメリカが自国に有利なレギュレーションによるF0規格への移行を強引に認めさせ、そこにオイルマネーの中近東チームも参入して…という、荒唐無稽だけども さもありなんという展開の膨らませ方が自分は好きでしたね。 あと、イザベルな。(ふつう、ユーノーディエールで跳ね飛ばされたらバラバラになるけどな)

 そして忘れちゃならないのが、このエンディング。

080.jpg

 夕日に向かって歩み続ける鷹也の心情を歌った「レーサーブルース」。 同じ夕日バック、同じ東映グループのシャリバンの「強さは愛だ」と並ぶ私のソウルソングです。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

不死鳥よ永久に… ラウダ逝く [モータースポーツ]

 1975、77、84年のF1チャンピオン、ニキ・ラウダが亡くなりました。 享年70歳でした。 76年の西ドイツGPで瀕死の重傷を負ったのちの奇跡の復活と、雨の富士での棄権。 一旦、引退した後にプロストを0.5ポイント差(シースン終了時点での計算)で下してのチャンピオン返り咲きなど、彼の偉業を讃えるエピソードには事欠きませんが、近年では ジャギュワやレッドブルでの働きぶりが意味不明だったり、息子のマティアスが限りなく凡人に近いドライバーだったり、ジョバンナ・アマティに誘惑されたり、あんなに尽くしてくれたマルレーヌ夫人と離婚した挙句に若いスッチーと再婚したり、片山右京のクソつまらないジョークのネタにされたり、『ニュルの事故で肺を痛めても生き残れたのは煙草を吸っていなかったから』と未成年の私に生涯禁煙の誓いをさせた言葉を放っておきながら 映画「Pole Position」の中でスパスパ吸っていたりと、あんまり若い人からの評判は良くなかったかな? それでも、私らの世代にとって、彼は偉大な憧れのヒーローでした。 なんせ、轟鷹也の師匠の謎の覆面レーサーになったり、写真判定じゃないと分からないほどの僅差になったモナコGPでゴールした瞬間にケン・アカバの勝利を宣言したりと、この人ならそれくらいやってくれそうと誰もが信じていたんだもん。

 思えば、「サーキットの狼」からスーパーカーブームに乗っかってた少年が熱心なモータースポーツファンになったのは、AUTO SPORTの77年12月1日号だかの彼のヘルメット姿の表紙に衝撃を受けたからにほかなりません。 彼がいなければ、今の生活もありません。 岩下レーシングの通販で「parmalat」のエンブレムを買って黒い帽子に縫い付けてかぶってました。 当時はやり出したアディダスのジャージも赤にしたもん。(沢田研二も着てたラウダジャケットは高くて買えなかった) 一度引退した後に、ヨコハマのCM(寺尾聡の”シャドーシティ”!)に出演し、そしてカムバックしてくれた時は本当に嬉しかった。

 そんな彼に一度だけ接近遭遇したのが、2001年の日本GP。 先輩に都合付けてもらったパドックパスで入った鈴鹿のピットエリア。 目の前に当時ジャギュワチーム所属のラウダがいました。

074.jpg

 勇気を振り絞ってサインを貰いに行く、まだ細かったころの私。

075.jpg

 流れるような仕草でペンを取り、サラサラとサインをして、またペンを戻すラウダ。 1秒たりとも、1ミリたりとも無駄な動作はありませんでした。 カリスマって、こういう事なんだなぁと実感しました。(ちなみにサインは人からの頼まれ物で、わたし用ではありません。 私は会えただけで十分)

076.jpg

 現役の時好きだったドライバーが天寿を全うして去っていく。 そういう歳になりました。 ニキよ安らかに… 

 ところで、NHKの「世界ふれあい街歩き」のウィーンの回(おそらく2008年製作版)には、誰がどう見てもラウダ!って人が映っています。 赤いキャップをかぶり、シェパードを2匹連れて軽快に階段を上っていく紳士。 この間の連休中に再放送していたのを偶然目にしましたが、あー、あれはやっぱりラウダだよなぁってあらためて思ってたところです。 これも虫の知らせだったのかな。

nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:自動車

新城ラリー2019、モータースポーツ2019シーズン開幕! [モータースポーツ]

 新城ラリー2019に行ってきました。 例年、秋開催だったのが 今回から春開催になり、前回から わずか4ヶ月足らずでの開催となりました。 これは、WRCを秋に持ってくるための布石でしょうか?

024.jpg

 今回も鬼久保サテライトに行きました。 メイン会場ではGazooのヤリスやスープラがデモランするとかで、ちょっとそっちにも興味はありますが… 今日はWECやF1の予選もあるので忙しい。

025.jpg

 鬼久保の売店で売ってた、からすみ と くちこ。 渋い!

026.jpg

 例年通り、ペンションやまぼうしさんでコーヒー買って、エントラント到着を待ちます。 クッキー サービスで貰いました。

027.jpg

 10時過ぎに00カー、10分後に0カー、そして10時半過ぎに競技車両が到着。 ところで、待機中の競技車を観戦中の子供とすれ違ったら、「ありがとうございました!」と声をかけられました。 やまぼうしさんの子供だったんですね。 弟(?)に尋ねられて、「コーヒー買ってくれたよ」と答えていました。 おじさん、来年も買っちゃうぞ。

028.jpg

 さあ、いよいよ鬼久保ステージがスタートします。

029.jpg

 例によってウエービングしながらスタート地点へ。

030.jpg

 この やまぼうし前は、競技車両を身近に見ることが出来るのでお勧めです。

031.jpg

 前回は紅葉の中でしたが、今回は新芽が見守る中での競技です。 あと1ヶ月遅ければ新緑や花がきれいでしょうね。

032.jpg

 次々とエントラントが やまぼうし前を通過。 プロジェクトミュー号も到着。

033.jpg

 私も やまぼうし前からコースわきへ移動します。

034.jpg

 観客は前回よりは少な目かな? 3月開催って知らない人もいるのでは?

035.jpg

 お昼が近いので食事しながら観戦の人も。

036.jpg

 本宮山スカイラインへの合流点近くのポイント。 今年、ようやく ここへの行き方がわかった。(人が少なかったから?)

037.jpg

 オープンクラスのミニ。

038.jpg

 今日、午前中の最終出走はヨタ8でした。

039.jpg

 スウィーパーはプロボックス。 渋い! これで午前中のセッション終了です。 さて、今日はF1の予選があるので、ここで家に帰ります。

040.jpg

 昼食は「ふれあい牧場 高原ハウス」の串焼き定食(1000円)のご飯を卵かけご飯に(+100円)。 ホットミルクも付けました。 肉が噛みごたえあって美味しい。 昔の鶏肉はこんな感じだった。 さあ、今年もモータースポーツが始まります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

鈴鹿 Sound of ENGINE 2018 [モータースポーツ]

 鈴鹿サウンド・オブ・エンジンに行きました。

258.jpg

 鈴鹿に来るのは20年ぶりくらい。 グランドスタンド周りが、すっかり綺麗になっちゃって!

259.jpg

 スタンド裏には懐かしの名車がお出迎え。

260.jpg

 この「サーキットの狼」モデルのロータス、”0”が一個足らん。

261.jpg

 パドック内にもスーパーカーがずらり。

262.jpg

 ガレージ内にもいろいろな名車が。 この紫電77は、由良拓也オフィシャルブログに紹介されていたレプリカですね。 レプリカといっても、ボデーカウルは本物の型から起こされています。 その型の”発掘”作業の様子がブログに紹介されていますが、まさに失われた文明の発掘兵器みたいな感じです。

263.jpg

 実際に走行する車両はコース側を向いています。 

264.jpg

 こちらはKE009改。 ひょっとしたら、ロスベルク(父)とF1デビューしていたかもしれない車両です。 その横に置いてあるのが…

265.jpg

 76年のF1 in Japanで全損した 007のモノコック。 東洋で初めて行われたF1GPに参戦したKE007。 金曜日の予選1日目に長谷見選手のドライブで幻のポールタイムを叩き出す寸前に最終コーナーでクラッシュ。 全損したKE007を大御神村に集結した日本中のレース関係者が、わずか1日半で0から造りなおした話は、今なおレース関係者の中では伝説として語り継がれています。 プロジェクトXで取りあげて欲しかった!(番組HPに投稿したんだけど)

266.jpg

 ピットの2階のホスピタリティでは、オークションなどが執り行われていました。 お金持ちの世界ですね。

267.jpg

 懐かしのグループC。

268.jpg

 787Bの優勝記念逆バージョン。 蛍光オレンジって、デジカメではうまく色が出ませんねえ。

269.jpg

 さて、お昼はピットウォーク。 WEC程じゃないけど、多くの人が並びます。

270.jpg

 FL500。 軽自動車のエンジン搭載の日本独自フォーミュラですが、末期にはグランドエフェクトマシンまで登場しました。 まさにフォーミュラ・リブレ。 自由だったなぁ!

271.jpg

 このアングルだと、その楔形ボデーが際立つゴールドリーフ・ロータス72。 ところで、この仕切りの竹は鈴鹿の公式備品??

272.jpg

 ウイリアムズFW07。 初期型のモノコックのフロント部はロータス79と同様の形状。

273.jpg

 後期型のFW07Cになると、剛性アップのため角型になります。 これはロータス79も同様でした。

274.jpg

 そのロータス79。 この車による最大の発明であるサイドスカートは初期型と同様の固定式です。 開発が進むとスプリングで常時地面に押し付けるタイプになります。 その接地面の摩耗防止のために、レースカーに初めてセラミックが使われるのです。 (エンジン部品じゃなくて)

275.jpg

 オールドタイマーでは人気のペントハウスがスポンサーのヘスケス。

276.jpg

 ひさびさにコースサイドを回ります。 モーターサイクルは皆さん 黒の革ジャン着用。

277.jpg

 FL500はコンディションの差が大きそう。

278.jpg

 ロータス72。

279.jpg

 フェラーリ。 この辺は日本のコレクターさん達。 そういえば、昔、美祢サーキット貸切でラルース・ランボルギーニを走らせていた人がいたな。 ところで、S字と逆バンの間で観戦していたら、すぐ後ろにポケスポットがあるのを発見。

280.jpg

 S字の観客席の裏に神社があったんだ。 初めて知りました。

281.jpg

 2コーナーまで来たころにF1の走行が始まりました。 ロータス76。

282.jpg

 78。

283.jpg

 79。

284.jpg

 91。 ロータス三昧でした。 往時の煙草のロゴが入れられるのもオールドタイマーのいいとこ。

285.jpg

 完熟走行の後は、いよいよレース。

286.jpg

 壮観!

287.jpg

 日はすっかり傾いているけど。 途中、(スポンサーさんの)お客さん向けのイベントが挟まっているので仕方ないか。

288.jpg

 タイプ76と79のバトル。 確か76のほうが抜いていた。

289.jpg

 パドックパス+を持っているお客さんは、2コーナーの内側で観戦できます。 ドラサの前からシャトルバスが出ているので便利。 淡々と周回を重ねる車を見ながら感じる秋の夕暮。 ああ、この感じ懐かしい。 そしてレース終了後に1コーナーの外側を周って関係者入口からサーキット道路に出て、そのまま白子まで歩いて帰って、朝方に指定券を買っていた特急に飛び乗る。 そんな観戦の日々でした。 今は流石に歩けないので、バスに乗ります。 そして近鉄特急指定券はスマホで購入。 便利にはなったな。

290.jpg

 ちなみにこちらは、本家ヨーロッパのオールドタイマー。 こういうイベントが日本でも多く開催されるといいですね。 それこそFL500、FJ1300、TS、そしてGC。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

新城ラリー2018開幕! 鬼久保サテライト⇒新城総合公園 [モータースポーツ]

 新城ラリー2018が開幕しました。 今年も私は鬼久保へ。 鬼久保ふれあい広場入り口にある、”道の駅 つくで手作り村”では、SSへ向かう競技車に手を振るギャラリーが多くいました。 このイベントも、だんだん市民権を得て来たようですね。

242.jpg

 鬼久保サテライトへ行くには、事前に駐車券(2000円・プログラム付)を買っとかなければいけませんが(結構知らない人がいる)、今年も多くの観客が来ています。 やまびこさんで暖かいお茶を買って待っていると、10時半前にエントラントが続々到着。

243.jpg

 よかった、今年もNo.1から順番に来てる。

244.jpg

 スタート前の点検中のクルーに、地元の子が”頑張ってください”と声をかけていました。

245.jpg

 タイヤを温めながら、沿道の声援に見送られスタート地点へ。

246.jpg

 紅葉の中を山登り。

247.jpg

 ギャラリーも増えてきました。 鬼久保ではピエール瀧さんの生実況がありました。 上のロッジのとこから実況してます。

248.jpg

 さて、まだ競技車が来てますが移動します。 今年は、鬼久保とメイン会場の掛け持ちをしてみました。 R301を下りて新城へ。 ”すねえもん”の前を通って第2駐車場(駐車代1000円)へ。 メイン会場へはシャトルバスが出ています。 メイン⇔サブのシャトルバスサービス(有料でも可)とか、共通駐車券などがあるともっといいと思うよ。

249.jpg

 うわ、3年ぶりのメイン会場は多いなぁ! 人! フードコートはどこも行列。 私は行列がほぼなかった、ご飯が無くなって牛丼の上だけ売ってた”牛皿”と、やっぱり、あまり人気の無かったアユの塩焼きを食べました。

250.jpg

 各メーカーのブースも大盛況。

251.jpg

 これが14:45からデモ走行するってんで来たけど、これ本物? 3年前のオベさんのセリカの時には居た現地メカニックとか見かけなかったが…

252.jpg

 自衛隊は今年もいたけど、対空防御は十分ですか?

253.jpg

 おまけ、各駐車場からのシャトルバスには、トヨタ系各メーカーの通勤バスが動員されていましたが、アイシングループは天ぷら油バスでした。

 東海地方は2日目の日曜は午前中、雨の予報が出ていますが… どうでしょうか。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

WEC富士6時間2018 決勝日  [モータースポーツ]

 今日の富士は午前中、小雨が降ったり止んだり。

225.jpg

 それでも、ピットウォークには例年どおりの人が押し寄せました。

226.jpg

 トヨタ。

227.jpg

 バトンさん。 今日も、バトン専用レーンは健在。 丁寧にサイン対応してました。

235.jpg

 決勝レースでは、路面コンディションの難しい第1スティントをレインタイヤをうまく使いきって、さすがの存在感。 トラブルで後退したものの、ラスト15分でバイコレスを逆転して4位入賞でした。 逆に、この大会の陰の功労者 バイコレスは惜しかったね。

228.jpg

 ハイカラさん。

229.jpg

 このセーフティカー、どっかで見たカラーリグと思ったら... マノーF1だ。 さて、今年のスタート進行はグランドスタンド側で見ようと決めてたのですが、今回はちょっと遠回り。

230.jpg

 30度バンク。 コースから生える木に歴史を感じます。

231.jpg

 スタート進行も降ったり止んだり。 いろいろとセレモニーが済んでフォーメーション開始前、「サプライズです!!」と場内アナウンス。

232.jpg

 フライングなんとか。 生の飛行は迫力満点ですが、灯油臭い!! ケロシン、つまりは小型のジェットエンジンを搭載してるのね。 上ばっかり見てたんで、各車がインターか、ウエットか見忘れた。

233.jpg

 そしてスタート!

234.jpg

 激動の6時間が始まりました。 さて、来年はどうしようかな?

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

WEC富士6時間2018 2日目 そして三島バル! [モータースポーツ]

 WEC富士6時間の二日目。

204.jpg

 8時前なのに、もうピットウォークの順番待ちしてます。 さすが、ルマン優勝 または アロンソ人気。 さて、トヨタのガレージが空っぽだったので、急いで車検場へ。

205.jpg

 いた、いた。 みんな車検場が開くのを待ってました。

206.jpg

 8時15分に車検場オープン。 ぞろぞろと中に。

208.jpg

 白シャツは、F1時代からのチーフデザイナー、ジョン・リッツェンですね。

207.jpg

 デザイナー自ら、フロントの底を確認。 先回、問題になったところですからね。 ちなみに待ち時間にメカニックに聞いたところ、この8号車はルマン後に新作されたものとか、やっぱり。 本物のルマン優勝車は、来月のガズーフェスに来るそうです。

210.jpg

 車検が済んで、押してガレージに戻します。

209.jpg

 あ、楽してる! 重いんか? アストン。

212.jpg

 FP3は今なんて言う名前か知らないシケインで見物。 渋滞の中をLMP1車両が、スーっと割り込んでいくのがスリリング。

213.jpg

 さて、そろそろパドックへ戻りましょう。

214.jpg

 フランス物産展。 シードルとシャンパンは販売してましたが、ワインは試飲のみ。 残念。

215.jpg

 この8号車は、昔のクルマに今年のカラーリングをした、デモカーあるあるです。 みんな、騙されるな!

216.jpg

 こちらのモデルカー、同じメーカー、同じスケールなのに値段に差が? 「よく分かりませんが造り方に差があるそうです」というそうですが、確かに高い方は仕上げが丁寧でした。 でも、パッと見、よく分からんです。

217.jpg

 コントロールタワー側の待ち列。 向かって左がバトン専用だそうです。 バトン人気すげぇ! しかし、例年よりも少ないなぁと思ってたら、

221.jpg

 下からわらわらと歩いてきます。 そうか、この人たちはパドックパスの無い人達だったのか。 それにしてもすごい行列。 バビロン捕囚かっ?!!

218.jpg

 ピットオープンから5分以上経つのに、このバトン待ちの人たちは留め置かれています。

219.jpg

 ああ、こういうことね。 みんな時間内にサインもらえたんでしょうか?

220.jpg

 こっちはトヨタ OR アロンソ待ちの人たち。

222.jpg

 さて、メカニックの人たちは、この間も昼食を交替で取りながら作業を続けています。 ヨーロッパですごいと思ったのは、子供の将来の進路に、レーシングメカニックとかレースエンジニアが普通にあること。 ここはモータースポーツの歴史の厚みを感じます。 ちなみに、どっかのチームにスゴイかわいいレースエンジニアがいた! 妖精みたいな顔(黒メガネ)で、すごいスリムなの。 美人というより、カワイイ系です。

 話がそれましたが、実はこのWECは名もなきフリーの日本人メカニックたちのサポートでも成り立っているのです。

223.jpg

 彼らは、日ごろは普通の会社務めをしたりしていますが、所属するチーム繋がりとか(意外と大きなチーム・メーカーと繋がっている人もいる!)、個人的な繋がりで各チームのサポートに入っています。 ひとたび、クラッシュなどでチームが困っている時には、その人脈を利用して地元の工場を紹介したり、ホスピタリティのサポートなどを手弁当でやっています。 私の知り合いの知り合いも、このバイコレスのサポートに入っています。 LMP1の下の方って言っちゃ悪い。 実はこのチームは今回の大会を救ったのです。

224.jpg

 昨日のFPでは、縁石のトラブルで長時間の中断がありましたが、組織委員会は、急遽、この縁石を撤去することを決定。 しかし、縁石を留めていたアンカーボルトが邪魔になりました。 多くのチームが持っているサンダーはエアー式のため、現地での迅速なボルト除去が出来ません。 そこで、「おーい、どっか電動式サンダー持ってね?」という情報が、”WECの偉い人→大きなチームのマネージャー→私の知り合いの知り合い”に降りて来て、「あ、うちのチーム持ってます」ということで、このバイコレスの電動サンダーを持って行って、ガリガリ削り取って、無事にレースが出来るようになったそうです。 ちょっと、ボーナスポイントあげなよ!

 そんなこんなで、今年も無事に明日の決勝を迎えられます。 ファンの皆さんも、F1に劣らずにさまざまな工夫をして、レース関係者を楽しませています。

211.jpg

 で、でも これはいいのか彼女?

201.jpg

 お昼はフランス物産展のクリームシチューとカヌレ。 軽く済ませようと思ったんですが、このシチュー、結構バター入っている。 昨日から、軽めの食事で済ませている訳。

200.jpg

 三島バル! じゃあ、これから行ってきまーす。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車

WEC富士6時間2018 1日目 [モータースポーツ]

 今年もWEC富士6時間が始まりました。

187.jpg

 パドックに着くと、ちょうどトヨタ7号車が車検場へ行くところでした。

188.jpg

 恒例の児童のウエルカム絵。

189.jpg

 ”優勝の花が咲く”っていいフレーズですね。

190.jpg

 トヨタのガレージ前は例年にも増してすごい人。 ルマン制覇のおかげか、ポルシェ・アウディが居なくなったからか? それともアロンソ人気か?

191.jpg

 ガレージの横には、たぶんアロンソが乗ってきたマクラーレン。

192.jpg

 さあ、コースインです。 気温は低いのですが、蒸し暑くて上着を着たり脱いだりです。

193.jpg

 順調に始まったかと思うと、すぐに赤旗。 13コーナーの縁石の部品が壊れたようで、結構な中断時間となりました。

194.jpg

 13コーナー以外の縁石も点検。 中断が長引いたので再びガレージ裏に行くと、ちょうどグリーンフラッグ。 休憩を取っていたメカニックたちが大慌てで走り出していきます。

195.jpg

 特にタイヤマンはダッシュ!!

196.jpg

 メーカー対決はないけども、それでも見どころ一杯。 フランス物産展もあるようです。 わしは静岡産の生ワサビを売ってくれたら、それでいいのじゃが。

197.jpg

 週末の天気はそれほど悪くなさそうです。 こんな空模様なのに、雨雲レーダー見ると、何も写ってない。 富士ウェザー!!

198.jpg

 さて、今日のお昼は超控えめ。 明日のために節制せねば。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:自動車
前の10件 | - モータースポーツ ブログトップ